ロゴ
HOME>特集>更年期障害は女性ホルモンの乱れが原因?薬やサプリの活用がポイント

更年期障害は女性ホルモンの乱れが原因?薬やサプリの活用がポイント

悩む女性

女性ホルモンと更年期障害の関係とは

女性ホルモンは女性の体や心を司る大切なホルモンです。女性ホルモンの量は30代がピークで、その後更年期に入るにつれて急激に減少します。その急激な女性ホルモンの減少が原因で発症するのが更年期障害です。女性ホルモンが多いときは肌の調子も体の調子もいいですが、極度に少なくなると様々な変化が現れます。やる気がなくなったり暑くないのにのぼぜたり、ちょっとしたことでイライラしたりするのも更年期障害です。更年期障害を予防したり緩和したりするには、とにかく女性ホルモンの量を増やすことが大切です。女性ホルモンは投薬治療やサプリメントなどで増やすことができます。また、ストレスをためないようにすることや趣味を見つけてリフレッシュすることも有効です。

悩む女性

女性ホルモンを薬やサプリで整えるメリットデメリット

薬やサプリメントで女性ホルモンをコントロールすれば、上手に更年期障害を乗り切ることができます。ただし、個人の判断でサプリメントを摂取するときには、そのサプリにどんな作用があるのかよくチェックすることが大切です。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、生理リズムに沿って増えたり減ったりしています。例えばもともとプロゲステロンが多い周期にエストロゲンを増強するサプリメントを摂取すると、かえってホルモンバランスが乱れてしまうリスクがあるので注意が必要です。エストロゲンのサプリはエストロゲンが多い時期に、プロゲステロンのサプリはプロゲステロンが多い時期に補充するように摂取するのが安全な飲み方です。